​地粉うどん「めんこ61(ロクイチ)」

『めんこ』とは、埼玉県北部地域の方言で、小麦「農林61号」で打った「うどん」のことを言います。

昔はどの家庭でも「めんこ」は常食でしたが、時代と共に打ち手と農林61号の流通は減り、今では懐かしの味と呼ばれています。 さらに詳しい解説はこちら(PDF:88KB)

それぞれの達人(プロ)たちが紡ぐ物語

【めんこの味はここから始まる】
 小麦の達人(プロ)・・・農事組合法人らんざん営農

嵐山町の自然豊かな大地と熟年の経験が生み出す小麦「農林61号」は、しっかりした味わいと香りの良さが際立ち、小麦粉本来の味を楽しむことが出来ます!!

【受け継がれた伝統の技がここに】
 めんこの達人(プロ)・・・味菜(あじさい)工房


「昔、おじいちゃんやおばあちゃんが打っていためんこの味にそっくりだ!」そんな言葉が聞きたくて、今日もおいしいめんこを打っています!!

詳しくは嵐山町「めんこ61プロジェクト」ページをご覧ください

めんこ61 協賛店のご紹介

一般社団法人 嵐山町観光協会

〒355-0221 埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷100-4 嵐山町ステーションプラザ嵐なび(武蔵嵐山駅西口)